$(document).ready(function(){ $(".test").colorbox({ maxWidth:"90%", maxHeight:"90%" }); });
ABAいしかわトピックス

ABAいしかわの最新ニュース・更新情報はこちらから!


2015年1月1日

石川県自動車車体整備協同組合 理事長 野﨑  学 新年のご挨拶

平成27年の年頭にあたり一言ご挨拶申し上げます。
昨年中は、当組合の事業活動につきまして、組合員の皆様・賛助会員の皆様に格別のご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
平成26年の出来事では、2月の関東圏における記録的な豪雪、8月の広島市北部での土砂災害や9月の御嶽山の噴火により多くの死亡者が出る等の大きな自然災害がありました。
日本経済では、第二次安倍内閣が行った「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」のいわゆるアベノミクスの「三本の矢」により、景気回復の動きが見られてきたものの、4月に消費税が5%から8%値上げされたことにより経済成長が失速した状態が現在も続いております。12月14日に実施された衆議院選挙において安倍自民党政権が勝利し安定政権となりましたが、国民は今後も政治・経済の状況を注視していかなければなりません。
このような中、リニア中央新幹線の着工、小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げ成功、年末の日本人3名のノーベル賞の受賞や今春の北陸新幹線金沢開業は石川県民としては何と言っても1番うれしいニュースと言えます。
組合関連のニュースでは、日車協連の12月の臨時理事会において、本部理事から馬場会長解任の緊急動議が出され、採決の結果解任されました。その後新たに福本会長(山口県)が選出されたとの情報が入っておりますが、我々会員としては、早期に本部運営の正常化が望まれます。
近年の自動車保有台数の状況は、若者の車離れや少子化によりここ数年間は頭打ち状態が続いており、いっこうに増加する予兆を見ることができません。車種別では、自動車ユーザーの節約志向により普通乗用車から軽自動車への移行が顕著になっています。
自動車メーカーは、低燃費化するため車体素材も一段と薄い超高張力鋼板の採用やアルミから炭素繊維の採用などへと刻々変化していくとともに、軽自動車にまで、燃費向上のためのエンジン制御や衝突回避制御、ブレーキ踏み違い防止制御が組み込まれる等自動車装備品のコンピュータ化が年々進んでいます。
このように車体整備業界も一般整備工場並みにスキャンツールや特殊機器を使いこなす高度な知識を習得した人材が求められています。
当組合では、高度な車体整備技術、新機構講習など、個々の企業では対応出来ない教育事業を本年も積極的に取り組んでまいります。
さらに、損害保険料率の改定による顧客要望の変化に対する市場の情報を収集・分析し、会員にフィードバックする他、自家用車運搬車の有償運送許可の取得や認定並びに認証取得率の向上、エチルベンゼンや特定化学物質の取扱い等の環境に配慮した事業へのステップアップ等により、さらに信頼される業界を目指す取組みを進めるとともに、青年部会活動を積極的に支援し、優れた熟練技術を伝承しつつ、効率的で近代的視野に立った活力ある経営者の育成を図ってまいりますので、会員各位のなお一層の結束、ご協力を賜りますよう心からお願いいたしますとともに、皆々様のご繁栄とご多幸をお祈り申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

    2014年12月15日

    労働安全衛生法関係法令説明会の実施について

    平成26年12月15日(月) 18時
    石川県自動車車体整備協同組合の教育委員会(大畑委員長)が自動車会館で金沢労働基準監督署の安全衛生課長を講師として説明会を開催しました。
    野﨑理事長の挨拶から始まり、「特定化学物質障害予防規則の改正と必要な対応について」講師からプレゼンテーション・ソフトを使って説明がありました。また、事前に提出した関連Q&Aの回答がされました。
    最後に、教育委員長が各工場は必要な対応を行うようにと挨拶されました。 
    今回の説明会は一部の組合員工場が労働基準監督官の立入調査を受け、取扱いに不十分な点を指摘されたとの情報から、組合員の知識向上のため実施されました。悪天候の中、関心も高く沢山の会員が熱心に聴講しました。
    参加者45名(会員28名、賛助会員17名)

      2014年5月26日

      第33回通常総会

      石川車協、通常総会を開催

      5月26日、自動車会館大会議室で石川車協の通常総会が石川運輸支局の高橋支局長、広瀬首席陸運技術専門官並びに自動車整備振興会の初山専務を招いて開催されました。
      総会は野﨑理事長の挨拶から始まり、25年度事業報告や26年度運動方針等が承認され、近年の厳しい経済状況の中、今後も一企業では取り組みが困難な教育等の事業に対し、組合が一丸となって取組むことになりました。
      総会後、当調査研究委員会で作成した「もれやすい作業工数表改訂版(石川版)の資料を使って竹田委員長と中井副理事を講師とした見積もり勉強会も行われ、熱心な質問が多数出されました。  参加者51名(内賛助会員8名)


      2014年1月1日

      北陸信越運輸局石川運輸支局 支局長 高橋 昭司 新年のご挨拶

      新年明けましておめでとうございます。
      石川県自動車車体整備協同組合並びに組合員の皆様には、ご健勝にて新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
      皆様には、平素から運輸行政に格別のご理解とご協力を頂いておりますことに厚く御礼申し上げます。平成26年の新春を迎えるにあたり、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

      さて、昨年を顧みますと、JR北海道において、函館線大沼駅構内での列車脱線事故をはじめ列車火災など利用者の安全・安心を脅かすトラブルが発生し、同社の安全管理体制が問題となりました。また、一昨年4月に発生しました群馬県の関越自動車道での高速ツアーバスの悲惨な事故は記憶に新しいところです。この事故を機に様々な安全対策が講じられ今も継続中です。車体整備事業とは業種は異なりますが、事故の原因がいずれもコンプライアンスを無視したものであったということは誠に残念であり、改めて国民の安全を担う事業に携わる者として責任の重大さを思い知らされたところです。
      一方、国内の経済面に目を向ければ、政府の積極的な経済・財政政策により円安が進み、輸出や個人消費が持ち直し傾向にあるなど、景気は緩やかに回復しつつあるとされていますが、地方においてはその実感が乏しい状況にあります。

      自動車車体整備業界におかれましては、このような状況に加え、保有車両数の頭打ちやユーザーの節約志向などにより、総売り上げが伸び悩む中、地球温暖化対策等のため、安全で環境と調和のとれた快適な車社会を形成していくことが喫緊の課題とされており、電気自動車や先進安全自動車の普及・開発が急ピッチで進み、これら新技術への対応が求められるなど、業界全体が大きな転換期を迎えているところでございます。

      このような中、皆様におかれましては自動車整備事業場の環境対策への取り組みとして、「環境に優しい自動車整備事業場等の表彰」制度を活用して、昨年は6事業場が北陸信越運輸局長表彰、31事業場が当運輸支局長表彰を受賞されるなど、企業としての社会的責任を果たして頂いていることに敬意を表すとともに感謝申し上げます。
      今後とも、多様化・複雑化する社会情勢や利用者ニーズに対応するとともに安全確保や環境保全のため、貴組合の組織を中心にして、弛まぬご努力を続けていかれるようお願い申し上げます。

      本年も、石川運輸支局といたしまして「不正改造車を排除する運動」、「自動車点検整備推進運動」、「ディーゼルクリーン・キャンペーン」等の各種運動を通じてユーザーの保守管理意識の向上を図りながら、「安全で環境にやさしい車社会」の実現のため努力してまいります。
      今後ともより一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。

      結びといたしますが、石川県自動車車体整備協同組合並びに組合員各位の益々のご繁栄とご健勝を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

        2014年1月1日

        石川県自動車車体整備協同組合 理事長 野 﨑  学 新年のご挨拶

        平成26年の年頭にあたり一言ご挨拶申し上げます。
        昨年中は、当組合の事業活動につきまして組合員の皆様、賛助会員の皆様に格別のご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
        平成25年は、日本各地で最高気温を更新するなど記録的な猛暑の年となりました。
        加えて、竜巻や豪雨等の異常気象による自然災害も度々発生した年となり、地球温暖化等の影響が顕著に表れ、環境対策の大切さを我々に警鐘する年となったとも言えます。
        日本外交では、中国が独断に設定した防空識別圏の問題、中国との尖閣諸島や韓国との竹島の領土問題が発生し、近隣諸国との外交・経済で長期的な難しい問題が山積みとなり、国民は無関心でいられない状況となっており、慎重な外交が望まれます。
        国内政治では特定秘密保護法案の成立において、与党は数にものを言わせ、強引な国会運営を行いましたが、政府与党は従来とは違った新しい感覚と発想で、党利党略にとらわれず、将来を見据えた政策の推進や国会運営を行われるよう願いたいものです。
        また、一部の一流ホテルのレストラン等で、食品表示の偽装問題が発覚し、これまで一流と言われてきたレストランが食材偽装を行い、信用していた消費者を欺いた行為であり、氷山の一角とも思われます。
        このような卑劣な行為は、他の商売にも共通する事であり、このようにお客を騙す行為は到底許せない行為と言わざるをえません。
        日本経済は、安倍内閣が打ち出したアベノミクスの経済効果により、株価上昇や雇用状況の改善等で経済状況は少し良くなってきたと言われておりますが、我々の身近ではそのようなに改善した実感がまだまだ感じとれませんが、平成27年春の北陸新幹線開通による地域経済の活性化が期待されるところとなっております。

        自動車ユーザーに対し、自動車の安全・安心の提供は車体修理業の収益の源であります。
        本部を中心に、車体整備認証制度の創設を国に強く要望していますが、不安全・不安心事例の検証、国民の同意など、制度の創設には長く困難な道のりが続いている状況となっております。
        この制度が認められるかどうかにかかわらず、我々は日々損害保険会社やユーザーから事故車の復元を請負い「構造的、強度的な安全・安心を良心的料金で新車のような輝きを添えてお届けする」のが使命であり、車体整備協同組合の全組合員が「安全・安心の提供とは何か」を強く心に留め、実践し、信頼を得なければなりません。

        自動車の保有台数の状態は、ここ数年間は頭打ち状態となり、いっこうに増加する予兆を見ることができません。車種別では、自動車ユーザーの節約志向により普通乗用車から軽自動車への移行が販売傾向となっています。
        自動車メーカーの低燃費化のため、車体素材も一段と薄い超高張力鋼板の採用やアルミから炭素繊維の採用などへと刻々変化していくとともに、軽自動車にまで、燃費向上のためのエンジン制御や衝突回避制御、ブレーキ踏み違い防止制御等が組み込まれ自動車のコンピュータ化が年々進んでいます。
        車体整備業界でも一般整備工場並みにスキャンツールや特殊機器を使いこなす高度な知識を習得した人材が求められています。
        当組合は、高度な車体整備技術、新機構講習など、個々の企業では対応出来ない教育事業を積極的に取り組んでまいります。
        さらに、損害保険料率の改定によって、顧客の要望がどのように変化し、市場が何を求めているかなどの情報を収集し、分析して、会員に適切にフィードバックするほか、自家用車運搬車の有償運送許可の取得、工場の認証取得等の企業コンプライアンスの向上、環境に配慮した事業へのステップアップ等により、さらに信頼される業界を目指して取り組むとともに、青年部会活動を積極的に支援し、優れた熟練技術を伝承しつつ、効率的で近代的視野に立った活力ある経営者の育成を図ってまいりますので、会員各位のなお一層の結束、ご協力を賜りますよう心からお願いいたしますとともに、皆々様のご繁栄とご多幸をお祈り申し上げ、年頭のご挨拶といたします。