$(document).ready(function(){ $(".test").colorbox({ maxWidth:"90%", maxHeight:"90%" }); });
ABAいしかわトピックス

ABAいしかわの最新ニュース・更新情報はこちらから!


2018年9月1日

ニュース 9月号


★事務局が移転しました(事 務 局)
この度、9月3日から石川運輸支局の移転に伴い、自動車会館も移転する事から、車体協事務局も8月28日(火)に下記のとおり移転し、電話番号とFAXも下記のとおり変更するためお知らせします。
郵便番号 920-8213
金沢市直江東1丁目2番地 石川県自動車会館 2階
電話番号 076-225-8961 FAX番号 076-225-8963



★先進安全自動車対応優良車体整備事業者の認定(広報委員会)
8月3日付、羽咋支部の「(有)志雄鈑金」 様が認定番号140号で日本自動車車体整備協同組合連合会会長から県内第4番目、標記認定工場として認められました。
会員様で取得希望の工場がありましたら、事務局へご相談下さい。なお、認定基準、提出申請書類は、日車協連ホームページに掲載されておりますのでご覧下さい。


★技能検定実技試験の事前勉強会が行われました(教育委員会)
7月18日18時半から、(有)松島自動車鈑金塗装の工場において1級・2級の金属塗装技能士実技試験の事前勉強会が実施され、今回初めて受験する2名に対し、実技の練習をパテ塗りの実技や塗装実技の注意事項等合格のツボを松島社長と杉田氏から手ほどきを交え練習しました。
当日は朝から暑い日となり悪いコンデションの中、21日・22日の実技試験に備え受講者と講師が約2時間熱心に実技練習を行われました。
最近、金属塗装・塗料調色技能試験とも受講者が減少しており、興味ある方・実力のある方は1年に1回行われるこの試験に是非挑戦して下さい。


★青年部合同技術研修会を実施しました(青年部会)
7月20日(金)と26日(木)18時半から「新型ワゴンRのディアルセンサーブレーキサポート」の勉強会を自動車会館で整備振興会金沢ブロック青年部と車体協青年部の合同開催により2回行われました。
まず、支局の進入コースで前突防止装置の乗車体験を受講者全員が体験しました。
その後、(株)スズキ自販北陸サービス本部石川ブロック長の縄村健介課長から、プロジャクターによる説明で、スズキのレーダーブレーキの歴史、ディアルセンサーブレーキサポートの概要、簡易的エーミング調整方法、車両取扱の注意点等の説明と質疑応答が行われました。最後に予備検査場でワゴンRの現車装置確認を行い終了しました。
連日の暑い日の中、業務終了後にも係わらず受講者は熱心に受講されました。
参加人数は20日は40名(内車体協9名)、26日は46名(内車体協17名)と多数参加して頂きました。
今後もこのような技術研修会を機会ある毎お知らせしますので受講して下さい。


★4輪アライメント研修会のお知らせ(広報委員会)
石川県能力開発プラザのお知らせで11月7日~8日に七尾産業技術専門校で2級自動車整備士の資格を持つ方を対象に自動車4輪アライメント調整方法を取得する研修会のお知らせがありましたので連絡します。
先着10名、参加費6,600円(テキスト代含む)
受講希望の方は0767-52-3159直接七尾技術専門校まで申込み下さい。

2018年8月28日

事務所移転のお知らせ

謹啓 残暑の候 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は当組合業務に格別のご高配を賜り誠にありがたく厚くお礼申し上げます
さて この度 八月二十八日より下記に移転する事になりましたので謹んでご案内申し上げます 
これを機に役職員一同さらに専心努力いたし ご期待にお応えする決意でございます 
何卒ご高承の上 一層のお引立てを賜りますようお願い申し上げます 
まずは略儀ながら書中にてご通知方々ご挨拶申し上げます                           
謹言

平成三〇年八月吉日
石川県自動車車体整備協同組合
理事長  車    豊
〒920―8213 石川県金沢市直江東一丁目二番地  
石川県自動車会館 二階
電 話 076―225―8961(変更)  
FAX 076―225―8963(変更)
(FAXは8月28日のみ使用不可となります)

    2018年8月1日

    ニュース 8月号



    ★先進安全自動車対応優良車体整備事業場の認定(広報委員会)
    6月25日付、能美・小松支部の「(有)オートモービレッジ」様が認定番号118号で日本自動車車体整備協同組合連合会会長から県内第3番目の認定工場として認められました。
    会員様で取得希望の工場がありましたら、事務局へ申出願います。なお、認定基準、申請書類については、日車協連ホームページに掲載されておりますのでご覧下さい。




    ★高度化自動車車体整備士技能講習会を開催しました(教育委員会)
    7月14日(土)13時からポリテクセンター石川(金沢市観音堂町)において、気温が高い中、標記講習会が日車協連の小倉会長を迎えて開催され、52名が受講しました。
    まず、小倉会長から現在日車協連が取り組んでいる「優良な車体整備工場の見える化」の内容や目的についての講義がありました。
    次に石川車協の車理事長から「溶接作業に関する安全衛生関係についての講義」があり、その後、松島インストラクターから「各種の溶接方・車体用金属材料・抵抗スポット等」の座学を日車協テキストの他、事前に準備した資料やパワーポイントの画面を使って受講生がわかりやすいよう説明しました。溶接の実技講習は、協力して頂いた(株)エムエスジャパーンサービス講師の正岡氏、田川氏、小野氏の3名と車体協の大畑・福久実技講師が受講生を2班に別け、スポット溶接機とミグ、マグ溶接並びにアルミ溶接の実務体験を行いました。
    約5時間の講習が終了し、小倉会長から受講者代表の竹田 進副理事長へ修了証が交付され終了しました。日車協連が認定した工場の車体整備士は、今後も必ず高度化車体整備技能講習会を受講しなければ認定取り消しとなりますのでご注意願います。


    ★高温多湿環境での注意点(アローニュース7月号より)
    1.塗膜中の水分は白化現象(ブラッシング)の原因
    高温多湿時や雨が降った次の日等にベースコートを塗装すると、空気中の水分が塗膜に付着することで白くボケる白化現象(ブラッシング)が起こりやすくなります。
    ブラッシングを防ぐためには塗膜中に水分が残らないように、湿度の高い日には乾燥機やエアーブローを活用しましょう。希釈には乾燥の遅いシンナーを使用することもお勧めです。

    2.エアー配管やコンプレッサーには要注意
    目で見て確認できないエアー配管には、高温多湿の夏場、特に雨の日等には水分が溜りやすくなります。コンプレッサーの水抜きは、必ず終業後毎日行って下さい。

    3.汗や油分はトラブルの元
    この時期の塗装ブース内は、作業者の発汗量が増えます。汗をかいた手で何気なくパーツを触ってしまい、ブリスターが出てしまった経験はありませんか、汗や油分はトラブルの元になるので、パネルに付着しないよう注意しましょう。もし手が触れた場合には、キッチリと脱脂・清掃を行い、次の行程に移る必要があります。作業時は必ず手袋を装着してトラブルを未然に回避しましょう。

    4.体調管理に気をつけましょう
    脱水症状を引き起こし易くなるので我慢ぜずにきちんと水分補給と休息をとり常にベストコンディションを保ちましょう。


    ★8月13日(月)~15日(水)を車体協事務局の夏期休暇とさせて頂きます。


    2018年7月1日

    ニュース 7月号

    ★県内第1号2号の先進安全自動車対応優良車体整備事業場の認定(広報委員会)
    5月18日付、能美・小松支部の「(有)ボデーガレージクルマ」様が認定番号100号、また、6月7日付、金沢城南支部の「(株)ヤマザキ自工」が認定番号113号で日本自動車車体整備協同組合連合会会長から認定工場として認められました。
    会員様で取得希望の工場がありましたら、事務局へ申出願います。なお、認定基準、申請書類については、日車協連ホームページに掲載されておりますのでご覧下さい。


    ★第37回通常総会が開催されました(広報委員会)
    5月28日、自動車会館大会議室で石川車協の通常総会が来賓として石川運輸支局の松本支局長様、聒(あま)田(だ)首席陸運技術専門官様並びに自動車整備振興会の飯田専務理事様を招いて開催されました。
    総会は車理事長の挨拶から始まり、29年度事業報告や30年度運動方針が竹田副理事長が議長になり承認されました。本年も一企業では取り組みが難しい教育等の事業に対し、組合が一丸となって取組むことになりました。
    総会後、車理事長から日車協連会長表彰の伝達と石車協理事長表彰の表彰状が交付されました。
    永年勤続優良被表彰者は次の方々です。
    日車協連会長表彰は 
    横山 誠治氏((有)オートモビレッジ)
    田村 隆幸氏(カードック友星)
    松島 寿一氏((有)松島自動車鈑金塗装)各3名

    石川車協理事長表彰 
    谷本 都芳氏((有)秋田自動車) 
    明石  優氏(杉自動車鈑金塗装)
    米田 スミ子氏((株)日の出鈑金塗装工業社)各3名


    ★平成30年度資格講習実施のお知らせ(広報委員会)
    石川県労働基準協会連合会から30年度実施する「各種講習会のご案内」が送付されて来ましたのでお知らせします。受講希望者は労働基準協会連合会(076-254-1265)まで申し込み下さい。
    1.乾燥設備作業主任者技能講習(2日) 10月5日~6日 地場産センター
    2.アーク溶接特別教育(3日)10月17日~19日、ポリテクセンター石川
    3.ガス溶接技能講習(2日)9月28日~29日、11月6日~7日、ポリテクセンター石川
    4.有機溶剤作業主任者(2日)9月26日~27日、11月28日~29日、 地場産センター
    申込書は労働基準連合会のホームページへ http://www.ishikiren.or.jp/koshu/index.html


    ★マットカラーの作業ワンポイントアドバイス(アローニュース6月より)
    自動車業界は日々変化しておりますが、最近レクサスの一部特別仕様車(GSF/RCF)にマットカラーの採用がありました。これは近頃艶消し仕上げの車やパーツが少しずつ増えております。通常ベースコートやクリヤコートはスプレーガンで塗装すると平滑な肌となり、光って見えますが、艶消しの仕上げの場合は塗料内に艶消し剤が入って塗装後に表面をデコボコにして光沢がないように見え、重圧感のある仕上げとなりますが、汚れがつきやすく手入れが難しくなります。


    ★大栄自動車工業(株)が移転(広報委員会)
    大栄自動車工業(株)が金沢市若宮町から「金沢市湊1丁目55番地10」へ6月26日(火)から移転されます。移転に伴い4月より金沢城北支部へ変更になります。
    電話076-238-7231(変更)
    FAX076-238-7233(変更)

    2018年7月1日

    移転のお知らせ

    新事務所の地図です。

    地図をクリックすると拡大されますのでご確認下さい。