$(document).ready(function(){ $(".test").colorbox({ maxWidth:"90%", maxHeight:"90%" }); });
ABAいしかわトピックス

ABAいしかわの最新ニュース・更新情報はこちらから!


2019年9月1日

ニュース 9月号

★令和元年秋の全国交通安全運動(広報委員会)
本年も9月21日(土)から30日(月)までの10日間に交通安全運動が全国一斉に実施されます。
特に、「子どもと高齢者の事故防止」「夕暮れ時と夜間の歩行者及び自転車に対する事故防止」「飲酒運転根絶」等の安全運転をお願いします。
9月30日(月)は交通事故死ゼロを目指す日となっています。


★来年4月の施行日までに「主たる営業所等届出書」を出さなければ無許可営業(BSR9月号抜粋)
昨年4月17日に古物営業法が改正され、同25日に公布されました。
改正内容は①欠格事由の追加②営業制限の見直し③簡易取消の新設④許可単位の見直しの4点が改正内容になりました。
④許可単位の見直しでは、複数の都道府県に出店する場合であっても1つの都道府県で許可を受けていれば他は届出だけでよいとする規制緩和となりました。
既に古物商認可を取得している事業者であっても「主たる営業所等届出書」を 所在地を管轄する警察署へ提出しなければ、古物商認可を失効して無許可営業になってしまう、未だ届出していない事業者はうっかり認可を失効してしまわないよう管轄する警察署へ問い合わせた上で、速やかに対応して頂きたい。


★整備技術の高度化推進事業の公募【スキャンツール導入補助金】(運営委員会)
国土交通省と経済産業省資源エネルギー庁による標記補助金公募が令和元年7月24日から10月31日までの受付で始まりました。但し、補助金申請の合計額が予算額に達した場合は期間内でも終了します。
事業内容は一定の要件を満たしたスキャンツールの本体の購入を行う自動車整備事業者に対し購入経費の一部を補助(補助率1/3、上限15万円)します。但し、認証又は認定を取得した整備事業者及び自動車整備士を有する自動車整備場で自動車の点検等を含む事業を行う者となっています。また、タブレット等の情報末端と連携することにより機能するスキャンツールの場合は当該情報端末も補助対象、診断結果やPCやメモリーカード等に外部出力可能なもの、20台以上の診断結果の報告義務等の公募要領等はパシフィックコンサルタント(株)のホームページを(http//www.pacific-hojo.jp/)ご覧下さい。


★職場で行うべき熱中症への予防策(車体整備大阪抜粋)
熱中症予防するための重点的な取り組みは
①暑さ指数の把握
②休憩所の整備
③涼しい服装の推奨
④作業時間の短縮(暑さ指数に応じて休憩)
⑤熱への順化(暑さに徐々に身体を慣らす)
⑥水分・塩分の摂取(定期的な水分・塩分摂取)
⑦健康診断結果に基づく措置(リスクの高い疾患がある従業員には人員配置の際に医師の意見を聞く)
⑧日常の健康管理
⑨労働者の健康状態の確認

    2019年8月1日

    ニュース 8月号

    ★トヨダ自動車 様が新規入会されました(事務局)
    6月1日付けでトヨダ自動車 様が新たに組合へ加入されましたのでご紹介します。
    当社は昭和50年から事業を開始され、代表者は豊田 賢次 様です。
    現場のメカニックは鈑金・塗装工4名(うち、整備士2級資格者2名)で、認証取得して運営されています。
    本社の所在地は羽咋郡宝達志水町菅原ロ65です。
    電話(0767)29-3601、FAX(0767)29-4212です。
    なお、所属支部は羽咋支部となりますのでよろしくお願いします。


    ★技能検定実技試験の事前勉強会が行われました(教育委員会)
    7月4日18時半から(有)アキラックス実習場で塗装調色技能検定の事前実技勉強会が受講者4名の参加で、木下 官氏と福久 力哉氏の両名が講師を勤めて実施しました。
    2時間で2色の課題色を水性・油性塗料で調色し、テストピースに塗装しました。
    その後5種類の溶液のにおいを嗅いて、品名を当てる練習も行いました。
    また、7月16日には(有)松島自動車鈑金塗装において1級・2級の金属塗装技能士実技試験の事前勉強会も実施され、今回受験する4名に対し、実技の練習をパテ塗りや調色実技、塗装実技の注意事項等合格のツボを松島社長と杉田氏から手ほどきを交え練習しました。
    最近、金属塗装・塗料調色技能試験とも受講者が減少しており、興味ある方・実力のある方は1年に1回行われるこの試験に是非挑戦して下さい。


    ★高度化自動車車体整備士技能講習会を開催しました(教育委員会)
    7月13日(土)9時からポリテクセンター石川(金沢市観音堂町)において、標記講習会が日車協連の小倉会長を迎え、受講者が55名受講して開催されました。
    講習会では石川車協の車理事長の開講挨拶から始まり溶接実技のDVDを視聴した後、受講者が4班に別れ、プラグ溶接等を受講者全員が一人ずつ6枚の溶接テストピースを使って1.溶解プール(穴開け)の体験2.付け合わせ溶接3.プラグ溶接を溶接メーカ2社の溶接機を使用し実技を行い、実技講習の協力を頂いた(株)エムエスジャパーンサービス講師の正岡氏、小野氏の2名と(株)ヤシマ名古屋の濱田氏及び車体協の車・竹田・松島講師からアドバイスを受けながら実施し、引っ張り試験器を使用して溶接強度を調べる貴重な体験も行われました。
    午後からは小倉会長から現在日車協連が取り組んでいる「優良な車体整備工場の見える化」の内容や目的について、「特定整備」に関する車両法改正の講義がありました。
    次に「超高張力鋼板の補修溶接技能、アルミニウム合金の補修技能についての座学が、松島インストラクターから学びました。約7時間の講習が事故なしで終了し、小倉会長と車理事長から受講者代表に修了証が交付され終了しました。
    日車協連が認定した工場の車体整備士は、今後も必ず高度化車体整備技能講習会を受講しなければ認定取り消しとなりますのでご注意願います。


    ★名簿作成委員会が開催されます(名簿作成委員会)
    7月22日(月)18時半から自動車会館で各支部から作成委員が集まって委員会が行われ、米倉委員長(副理事長)が中心となって今年度の名簿作成に伴う広告募集の役割分担等の検討会が行われました。この名簿作成広告収入は、組合活動の重要な2年分の資金となりますので、前回同様の件数になるよう全組合員のご協力をお願いします。

    8月13日(火)~16日(金)を車体協事務局の夏期休暇とさせて頂きます。

    2019年7月30日

    簡易レバレート算出計算式

    標記について、下記のアドレスから簡単に算出することが
    出来ますので、一度自社のレパレートを把握して頂くように
    活用願います。

    下記をコピーしてインターネットにて検索して下さい。
      https://www.rt-web.jp/rate-calc/

      2019年7月1日

      ニュース 7月号


      ★石川県中小企業団体中央会会長表彰(広報委員会)
      6月10日、ホテル日航金沢で石川中央会通常総会が開催され、当組合から推薦された松任・野々市支部の(有)カーリペア・オオハタの代表取締役大畑 和人氏が中央会会長表彰を授与されました。
      氏は、支部長、青年部会長、教育委員長を通算して11年以上組合の中心的役を務められ、組合組織の強化と業界発展に尽力した功績が認められ表彰されました。
      おめでとうございました。今後も引き続きご活躍をご期待申し上げます。


      ★消防法の理解を深めよう(イサムアロークラブ5月号抜粋)
      塗料は「危険物」です。その危険物である塗料の保管に関する消防法は、無視できない法令です。まずは消防法について理解を深めましょう。
      1.消防法とは・・火災を予防し、警戒し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行い、もって安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資することを目的とする。
      2.危険物とは・・消防法(自動車修理塗装の多くは別表第2、4,5類)で危険物が分類され、危険物の指定数量が定められている。
      第2類(可燃性固体)硫化りん100㎏赤りん100㎏硫黄100㎏鉄粉500㎏金属粉・マグネシウム引火固体第1種100㎏第2種500㎏
      第4類(引火性物質)特殊引火物50L第1石油類非水溶性非水溶性200L水溶性400Lアルコール類
      400L第2石油類は非水溶性非水溶性1000L水溶性2000L第3石油類は非水溶性非水溶性1000L水溶性2000L第4類石油類6000L動植物油類10000L
      第5類(自己反応性)有機過酸化物・硝酸エステル類・ニトロ化合物・ニトロソ化合物・アゾ化合物・ジアゾ化合物・ヒドラジンの誘導体・ヒドロキシルアミン・ヒドロキシルアミン塩類・その他政令で定めるものは第1自己反応性物質10㎏第2自己反応性物質100㎏


      ★日車協連第38回通常総会が開催されました(広報委員会)
      6月11日(火)13時から芝パークホテル(東京港区)で通常総会が開催されました。各県の理事長等が出席し、国土交通省整備課から平井整備課長が臨席し、車理事長が議長に選任され開催されました。30年度事業報告や令和元年度事業計画(案)は、意見要望はありましたが最終的には承認されました。
      また、役員改選では、先に実施した推薦委員会で承認された車理事長を含む14名の理事及び2名の監事が承認されました。
      総会終了後の理事会において会長に小倉龍一(神奈川)、副会長に平塚睦子(北海道)と山元康史(大阪)が再々任されました。
      小倉会長から今後も「先進安全対応優良車体整備工場の見える化」を推進すると決意表明されました。


      ★労働安全衛生規則の一部改正について(広報委員会)
      労働安全衛生法の改正により、特別教育の対象業務に、「電気自動車等の整備の業務を規定する」と改正されました。法令改正公布日は元年7月中旬、施行日は元年10月1日予定となります。
      電気自動車等を整備する場合は、低圧電気取扱特別教育の受講者であることが必要になります。

      2019年6月1日

      ニュース 6月号

      ★不正改造車排除運動が実施されます(広報委員会)
      国交省では、6月1日から6月30日までの1ヶ月間を「不正改造車排除強化月間」として各県警本部、自動車関係団体等の協力を得て全国的に本運動を展開します。
      石川運輸支局からは、自社所有の車両や従業員の車両の自主点検の実施、適正な整備・改造の推進並びに不正改造車や迷惑黒煙に関する情報提供等(運輸支局へ通報)についての協力依頼がありましたのでよろしくお願いします。
      (石川運輸支局整備部門:076-208-6000)


      ★第38回通常総会が開催されました(広報委員会)
      5月29日、自動車会館2階研修室で石川車協の通常総会が来賓として石川運輸支局の橋本・新支局長様、聒田首席陸運技術専門官様並びに自動車整備振興会の飯田専務理事様を招いて開催されました。
      総会は車理事長の挨拶から始まり、30年度事業報告や令和元年度運動方針、理事改選が承認されました。近年の厳しい状況の中、令和元年も一企業では取り組みが難しい教育事業と会員数増強を重点的な取り組みにすることになりました。
      総会後、車理事長から日車協連会長表彰の伝達と石車協理事長表彰の表彰状が交付されました。また、新理事による理事会が行われ、下表のとおり役員・各委員長等が承認されました。
      日車協連会長表彰受賞者(順位不同)
      植松 行男 米倉自動車板金塗装
      宮下 利樹 (有)宮下鈑金塗装
      横山 正幸 (有)オートモービレッジ

      石川車協理事長表彰受賞者(順位不同)
      中田 和之 東鈑金工業所
      竹田  覚 (有)ボデーガレージクルマ

      ★令和元年・2年度の新役員・監事・委員長
      理 事 長  車     豊
      副理事長  米 倉 和 義
      副理事  大 畑 和 人
      副理事  松 島 寿 一
      教育委員長 竹 田   進
      経営事業委員長 山 本 義 裕
      広報委員長 野 崎   学
      調査研究委員長 永 井 和 典
      青年部会長 福 久 力 哉
      加賀支部長 東 出 直 之
      鶴来支部長 成 田 幸 一
      小松・能美支部長 太 谷 明 弘
      城南支部長 坂 田 隆 雄
      松任・野々市支部長 松 田 高 明
      城西支部長 清 水   聴
      城北支部長 三 好 基 樹
      羽咋支部長 梅 田 英 治
      七尾・鹿島支部長 坂 本 秀 次
      輪島・穴水支部長 山 崎 与志雄
      奥能登支部長 保 田 義 一
      専務理事 沖 村 隆 雄
      監  事 小 堀 修 一
      監  事 大 瀬 貴 彦